【ブレブレ】クランラナルド紅書の評価やステータスについて